「英国生活骨董 KATY'S HAYAMA 便り」

英国から戻りました?!?


英国から戻りました...なんて書いたら、本当に英国に行っていると思って下さる方があって、とても心配してました。英国には行きたいですが、今だままならず、日本橋三越の英国展、英国でした。

日本橋の英国も例年は本場イギリスからのゲストやお菓子職人や販売チームがやってきて賑やかなのですが、今年はこれも無理。バタくさい(古い表現ね)のは私とルーシーとあと在日英国人が数名のみでした。

それでも飾り付けや販売品は英国がもりもり。いつもながらスコーンやクロテッドクリームには長蛇の列でしたよ。英国展の7階から5階まで階段を使って、梱包資材を取りに行ったのですが、階段は順番を待つ人でいっぱい。キュウキュウ!

英国の英語で行列の事をキュウ(queue)と言います。英国の人たちは並ぶのが余り苦痛にならない様で、アンティークフェアーなどでも早くから静かに列を作って、時間を待ちます。


キュウなんて言葉は日本の学校英語では習わないのでは...アメリカ英語ではライン(line)ですから、スーパーマーケットにはエクスプレス・ラインなんていう列分けがあったりね。

ロンドンの地下鉄で良く聞く、マインドザギャップ(Mind the gap)も最初は良く聞いてもわからないむにゅむにゅ言葉ですが、知ってみれば簡単。電車とホームの間に溝(ギャップ)があるから気を付けてね!でしたが英国独特です。

地下鉄が英国ではSubwayじゃなくてTubeかUndergroud。Subwayは歩道と私の好きなサンドイッチ。ナスはEggplantじゃなくてAubergine。ズッキーニは英国ではCourgette。フランス語が語源みたいです。

英国展とは関係ありませんが、そんな英国独特の言葉や言い回しを追いかけてみるのも楽しいですよ。沢山あります!

英国展には毎日沢山の皆さんがいらして下さり、本当に楽しかった!自粛自粛が続き、楽しい事や買い物を遠慮する日々が続いていた方がついに爆発かな...という感じ。

もう半年になる自粛暮らし。勿論これからも自分にできる予防を怠らず、家族を守り、人に迷惑をかけない様に過ごさなければならないのは同じですが、出来る事を少しづつ、ポジティブに慣らしていくのも今は必要と思いました

そして一番嬉しかった事は私とルーシーの吉本新喜劇、デンスケ劇場を見て下さる方が沢山いらっしゃるという事。「観てますよ!元気出ました!」とお声かけして下さった方、本当にありがとうございました

ルーシーと今さらながらに襟を正し、マンネリにならない様に、続けたいね~と親子の誓い(?)を固めました(!?)。27日日曜日から再開しますから、お楽しみ!3時です!

英国展も終わり、これからの楽しみはホリデーシーズン。9月に入ったら急に秋めいてきて、心うきうき、秋の行事やクリスマス好きにはこたえられない季節になりました。

今年は制約やおとなの都合があり、皆さんとご一緒していたリースクラスが出来ないところがありますが、いつもフラワーデザインクラスをしている鎌倉クラスルームで大リース大会を計画中。どうぞどうぞ皆様ご一緒しましょう!ネッ!詳細は近日中にお知らせします!

さてさて、本当の英国買い付けですが、いつになったら行けるのでしょう?3月、6月、8月、10月を延期した身ですが、来年の春は行けるかな~? 行きたいよ!



-お勧めインフォメーション-

*GARDEN STORY CLUBに入会しませんか?

特典いっぱい! 花&庭ファンが集う「ガーデンストーリークラブ」会員募集中!

雑誌「私の部屋」時代から一緒にお仕事をした倉重さんが編集長のこのサイトはとにかく楽しくて、お勉強になります。庭仕事の好きな人、お花の好きな人、美味しいものが好きな人、ハーブがたまらなく好きな人には最高のひと時をお送りします。うちのルーシーエッセー、「ルーシーのおいしい暮らし」もこちらです。

このごろはオンラインサロンも充実。会員になって和みましょう!  勿論私たち、吉本劇場親子ケイティー&ルーシーもこのオンラインサロンに出演しますよ。私達のオンラインサロンは10月16日の15時からで、「ティーカップを使った、ローズボウル式お花の生け方」です。みんなでつながっちゃいましょう!わくわく!

ガーデンストーリーイベント  

*私の版画家ロックンローラー、リンダの軽井沢イベントです!

柳リンダ(本名は松本里美さん)の版画と英国を思い出させるティータイムを満喫したい方は是非、お出かけ下さい。

期間:9月17日-22日(無休)
時間:10:00-17:00
住所:長野県北佐久郡軽井沢町追分56-70
場所:potting shed ポッティングシェッド
電話:0267-31-0627

サイト:https://www.potting-shed.net/ (こちらはもうしばらくお待ちください)
メール:info@potting-shed.net

リンダの facebook
リンダのHP http://www.satomin.jp/


*まつい由美子-RECONSTRUCTED LANDSCAPES 個展のお知らせ

まつい由美子さんはルーシー、ソニー時代の大先輩。さんちゃんとゴムぞーりの絵がいつも私の目の前に飾ってあります。
1010アートギャラリーは横浜市中区山下町ですから、元町散歩やチャイナ巡りもかねて是非お出かけ下さい。
9月5日より22日火曜日まで。

1010美術にて詳細は  http://1010artgallery.com/

 

*ルウシイのインスタグラム
大きいけどミニケイティー。2代目を宜しくお願い致します。

 



 

◆ 編集後記 ◆

一昨日(かな?)のルーシーインスタのストーリーには朝の紅茶(コーヒーかな?)がサイドボードの上に乗っている写真がありました。懐かしのレコードプレーヤーにレコードが乗っているので音楽が回っているのかな? 飾ってあるレコードジャケットがジャニス!チョッパーに乗っているジャニス。グレーテストヒットでした。私は瞬間的に19歳に飛びました。大学入学が決まり、高校の先輩の真理子(全くジャニス・ジョプリンのように危なくてかっこよい人)に誘われて伊勢佐木町場末のジーンズショップでアルバイトをスタート。何しろ伊勢佐木町ストリートもはずれ、曙町ですからね、お水の方やお肌に彫刻の入った方、夜にはおねいさんになるおじさんとか普通じゃなくかっこいい人が沢山いて、すこぶるおしゃれで退廃的な明るさを持ったこのお店。そこでずっとかかっていたのがジャニスのレコード。温室育ち(でもないかな?)のお嬢ちゃんにとって、凄い世界への通勤が楽しくて、嬉しくて。だから、ジャニスは私のはじけた青春のカギを開けてくれた恩人。世の中を教えてくれた伊勢佐木町のディーバなのです。米軍時代、机の横に飾っていたジャニスを見て、これは君か?と聞くわからんちんのアメリカ人に、嬉しい様な、ちょっと違うけど...みたいな。あの写真は今も我が家の屋根裏にあるし、このレコードはCD買ったし、この週末はジャニスしちゃおうかな?!

My guy、Tom Jonesとのデュエットもかっこいい!
Tom Jones & Janis Joplin-Tom Jones TV Show


◆ 次号予告 ◆

No.451 2020年10月1日 *秋の楽しみ!