「英国生活骨董 KATY'S HAYAMA 便り」

神戸ストーリー


神戸から戻りました。去年の神戸阪急英国フェアは3月でした。大阪と神戸の行き来禁止令などが出て、英国フェア終了後は百貨店休業もありましたが、何とか無事すりぬけ終了の英国フェアでした。

今年の神戸阪急英国フェアもぎりぎりセーフ。ラッキーと言って良いのか、はばかりますが、去年に増して沢山のお客様がいらして下さり、すこぶる楽しい時間を過ごさせて頂きました。

幸いな事に私の周りにはコロナを患った方はなく、依然として実感はないのですが、私たちおばちゃまの様に言いつけを良く守り、余分なお出かけはせず、会食もせず、まして酒盛りもなく過ごしてれば、そうそう発病するものではないのでは...なんて思ってしまいます。

バッグの中には消毒スプレーや余分のマスク。手洗いが頻繁過ぎて、肌荒れが心配なほどに注意して過ごす私たちの努力を無にして、歓送迎会なんてやっている公の皆さんに怒りを覚えます。

夜8時以降はお酒が飲めないからってコンビニエンスストアでビールとおつまみを買って、すぐ出たところのごみ箱の上に並べて、マスクをとって、飲み始めたサラリーマン風の男女を見て驚くというより、あきれてしまいました。

あの人たちにも家に帰れば家族、お年寄りや子供もいるかも知れないし、感染の心配なんて考えないのかな?神戸阪急英国フェアが8時に終わり、ホテルまでの帰路で見かけた光景でした。(テレビでは新橋での同じ風景が流れていました)

神戸阪急英国フェアは今のご時世ですから、かなり小規模ですが、英国の楽しさや美味しさ、おしゃれが山盛りの1週間でした。フィッシュアンドチップスやスコーンにビスケットや紅茶を買い込んで、良いにおいのお客様たちの笑顔は素敵。

来年こそはもっと自由に試食や試飲ができて、英国からの出展が多くて、山盛り楽しめる英国フェアになる事を願っています。

私の留守中、夫は猫おじさん。さんちゃんとみかちゃんの世話を楽しくしていた様子です。さんちゃんは何しろ一日中、寝るか食べるかの子。みかちゃんはまだ新入りさんなのでさんちゃんとの距離も注意しなくてはいけないし。

私が普段は面倒を見ているみかちゃんも夫にすりすりするようになったので彼は大喜び。その姿を見ていたさんちゃんはちょっと癇癪持ちになったようですが私が帰宅して、日常に戻った様です。

スタートレック好きな夫は私不在中、Netflix三昧。食事までもスクリーンの前に運んでいた話を聞いて、もしもの1人暮らしになった時が心配になった私でした。元気でいなくっちゃ!

私は私で神戸のホテルでのナイトタイムはNetflix。「レイヴン、少女とポニーの物語」は子供向けかもしれませんが、豊かな自然と馬を世話する少女たちの物語はお勧め。さらっと観るのには心がほっこりして良いお話です。

「ベイカー街探偵団」はロンドンを舞台に、社会から見捨てられた浮浪児たちが、ドクター・ワトソンとシャーロック・ホームズの依頼を受けて超常的犯罪の解決に挑んでいくという英国のお話。ファンシーではないけど観る価値あり。

前号にお知らせした「ガーンジー島の読書会の秘密」も又観てしまいました。淡々としたお話ですが、素敵な映像やファッションもあるので観てね。

神戸滞在中後半はだんだん軽いものが良くなって見始めたのが訳してシットコム。situation comedyとは一話完結で登場人物は家族などいつも同じ。舞台も家だったり、有名ゲストが登場したり、読み切り面白ショーというのが気楽で良いですよ。

日本でいうと「スチャラカ社員」(覚えてますか?)や「やっぱり猫が好き」海外だと「フレンズ」や「フルハウス」ならわかりやすいですね。今のお勧めはジェイミー・フォックスの「パパ恥ずかしいからやめて」や「ファミリーストーリー」。

両方とも黒人家庭が舞台のシットコムなのですが、ファンキーで笑えて、平和に満ち溢れているのだけれど、アメリカ社会の中での黒人の立ち位置がかなりシリアスに理解できるという事では社会派かな。

滞在中、ご縁があって加東市に配達に行きました。神戸三ノ宮から1時間ほどのドライブですが、豊かな自然に囲まれた、素晴らしい地域でルーシーと「いいな!いいな!ここにも住みたいね」の連発。

ホテルの観光案内で布引ハーブ園のパンフレットを見つけ、次回は時間を作って行ってみたい所が出来ました。40年も前に行った大阪アメリカ村もいいな!来年の楽しみです。

ルーシーは仲良し京都の「mememe coffee house」でポップアップショップもさせて頂き、大喜びで葉山、神戸、京都を行ったり来たり。皆様お世話になりました。次回は私、ルーシーのかあちゃんもmememe(私はめめめさんと呼んでいますが、本当はみーみーみーだそうです)さんに行きたい!

関西方面、東京とまたもや戒厳令下(?)になりましたが、皆様気を付けて無理をせずに、自分流に元気に楽しくお過ごし下さい。


-お勧めインフォメーション-


*GEOGRAPHICA 17周年アニバーサリーイベント開催!

*ルウシイのインスタグラム
大きいけどミニケイティー。2代目を宜しくお願い致します。







 

◆ 編集後記 ◆

いつの間にか4月も終わりに近づき、5月の声を聞いています。あれれ、もうすぐクリスマス!クリスマス缶入りビスケットはもう注文を終えましたし、クリスマスのティータオルやママレードもそろそろ注文しなくては。各カルチャーセンターにも秋から冬のカリキュラム予定を送る季節になり、私の頭はすっかりクリスマス気分。季節の飾り付けや料理が好きな私、家族ですから、節分、お雛様、イースターと続き、今は金太郎を飾っています。6月からは特別にはありませんが、10月のハロウイーン、11月の収穫感謝祭、11月半ばからは本格的クリスマス装飾。こう考えてみるとじっとしてはいられない。その前に私の一大イベント、日本橋三越英国展もあるし...目の前に嬉しい事が沢山あると心ワクワク、元気もりもり、気持ちが高まって、「コロナでやだな~」なんて言ってられません。目の前にある事は受け入れて、自分なりになんでも楽しんじゃうという我が家の家訓ですから、ますますパワーアップのかあちゃんなのです。(家族はちょっと困っていますが...)




◆ 次号予告 ◆

No.466 2021年5月6日 *父の思い出