「英国生活骨董 KATY'S HAYAMA 便り」

Go goしちゃいました!?


かなりお天気続きな毎日。梅雨入り前のひと時、太陽好きな私は日光浴、日焼け、甲羅干し...を楽しんでいます。バケーション、セレブ焼けではなくて、庭焼けですがね。

わが家のガレージは庭に掘り込んでいるタイプなので、ガレージの上が庭とつながっています。木が多いので日影ばかりの庭なのですが、この場所が一番のサンシャインプレースなのです。

そんな私の楽しい毎日ですが、先月29日の土曜日はますます大賑わいの楽しい一日になりましたよ。なんと郷ひろみコンサートに参上!

郷ひろみファンの親しい友人にお願いして入手困難なチケットを私にもとってもらいました。場所は横須賀芸術劇場、地元です。

めちゃくちゃ大ファンという訳ではありませんでしたが、私の大学生時代には郷ひろみ人気が爆発。すっきりとした顔立ちとカラフルなわたし的ロンドン系衣装(?)が際立っていました。

クラスの男たち(男ばかりのクラスですが)と何かというと「どうしてそんなに綺麗になるの~」と「小さな体験」を口ずさみ、最後の「いいね~~~~」をみんなでコーラスしたり。ばんから大学生男子も可愛いものです。

筒美京平と岩谷時子コンビの名曲でした。曲は勿論ですが、岩谷時子と言えば加山雄三とのコンビ。詩的できれいな言い回しの名曲が揃っています。

筒美京平はばりばりのヒットメーカー。どれほどのヒットを飛ばしたか、数えきれません。指折りの作詞家と組んだ名曲ぞろい。残念ながら去年の10月に80歳で亡くなりました。

随分前に55歳の若さで亡くなった安井かずみと組んだ曲、「よろしく哀愁」が好きです。「会えない時間が、愛 そだてるのさ」の名文句に今でも感心します。さすがおしゃれな安井かずみ。彼女も沢山の名曲(名詞)を残しました。

さてさて、郷ひろみショーにはコロナ禍続く中とはいえ、満場いっぱいのお客さん、ひろみファンが集合。赤いスパンコールのドレスのおばちゃんずやゴールドドレスの元おねいさんがた。

古い曲を期待していた私にはちょっと残念でしたが、ひろみ君!熱演、熱唱でした。新しいCDの発売もあり、新曲を早々、大盤振る舞いでした。

19歳の私が見ていたひろみ君は当時17歳。今私が68歳だから、彼は66歳。50年...半世紀ですわ。コンサートの始めに「コロナワクチン注射、してきました」なんて言うのを聞いてびっくり。

みんな大人になったのね~。でも彼のスタイルの良さ、体の動きは全然衰えがなく、息切れもなく、歌いっぱなし。歌の合間のトークには余裕のシニア青年。

近頃はコンサートもなくて、2年近く寂しい思いでしたが、久しぶりに弾ける人たちと時間を共有して、興奮しました。コンサート、ライブ!は良いですね。

願わくば、一日も早くコロナから脱して、芝居やバレー、コンサートなどに頻繁に出かけられる様になるといいな~ お願い!


-お勧めインフォメーション-


*ルウシイのインスタグラム
大きいけどミニケイティー。2代目を宜しくお願い致します。







 

◆ 編集後記 ◆

「Father」観てきました。アンソニー・ホプキンスの姿、演技、すべてが圧巻。アカデミー賞をもらう訳ですね。娘のアン役のオリヴィア・コールマンはあの「女王陛下のお気に入り」の汚れ役でアカデミー賞を受賞。Netflixでエリザベス女王役の「ザ・クラウン」でもお馴染みの女優さん。アンソニー・ホプキンスは「冬のライオン」からずっと観ていますが、ピーター・オトゥール、キャサリン・ヘプバーンに負けず劣らずの名演技。中学生には難しい映画でしたが今でも印象に残っています。あれからずっとあの淡々として冷たい様であり暖かさのある語り口と眼力は素晴らしく、怖いほど。84歳の彼だから演じられた父親、アンソニーを今は亡き父と重ねて観てしまいました。少人数でロケの少ない映画ですが、フラットのインテリアも知的で素敵。是非早いうちに映画館に出かけて下さい。今の映画館はかなりすいていて、換気も良いし、マスクして消毒して、飲食しないで、静かにすれば大丈夫!ついでに彼の映画で私のお勧めをいくつか...「ハワーズ・エンド」、「日の名残り」、「永遠の愛に生きて」、「白いカラス」、「最終目的地」かな。マイナーかもしれないけど、チャンスがあれば是非観て下さい。




◆ 次号予告 ◆

No.468 2021年6月18日 *私も予約しました!